木造住宅と鉄筋コンクリート造りのメリットとデメリット


木造住宅のメリットとデメリット

注文住宅を建てる場合に決めるべきことはたくさんありますが、そのうちの一つが木造住宅と鉄筋コンクリート造りのどちらにするかです。木造住宅のメリットは、何といっても建築費が安くなるという点にあるのですが、それ以外にも他の工法に比べて工期を短くできたり、柔軟な設計が可能であるといった点も利点であるといえるでしょう。例えば、建物の一部を円状にするというのは、鉄骨を使う場合にはかなりハードルが高いのですが、木造であれば比較的容易に実現できるのです。

一方、木造住宅のデメリットは、火災に弱いという点です。木でできているため、どうしても火に弱くなってしまうのですが、その弱点を補うためにコーティングなどの様々な工夫が凝らされているため、そこまで火災リスクが高いわけではありません。

鉄筋コンクリート造りのメリットとデメリット

鉄筋コンクリート造りのメリットは、何といっても他の工法と比べて圧倒的に頑丈であるという点にあります。多量の鉄骨を使用して作られるだけに、大規模な地震がきても少々のことではびくともしない強度の高さが鉄筋コンクリート造りの売りです。構造がしっかりしているだけに、3階建て以上のフロア数の多い建物に適しているというのもメリットです。加えて、火にも強いため、建物が密集している都市部の住宅には適した構造であるといえます。

一方、デメリットは、建築費用がどうしても高くなってしまうという点です。木材と比べて、鉄骨は高額ですので、こればかりは致し方ありません。また、コンクリートを乾燥させなければならない分、完成までに時間がかかるというのも注意すべきポイントです。

京都の注文住宅は環境に配慮しています。有害な化学物質を使わない塗料や断熱構造に優れた素材などです。快適な生活にもつながります。