狭小住宅のメリットは?快適に暮らす工夫も紹介


狭小住宅で暮らすメリット

狭小住宅を建てるメリットは土地代が抑えられることです。広さは小さくなりますが、都心部でも比較的安価で家を手に入れられます。利便性の高い場所に造られることが多く、通勤や買い物が便利になるのは大きな魅力だと言えるでしょう。維持費が安くなるのメリットです。土地の面積が小さいので固定資産税を始めとした税金が安く済みます。生活のスペースが小さいために、光熱費も抑えられるのも特徴です。大きな家や部屋がたくさんある家では掃除をするのも大変ですが、狭小住宅なら掃除の手間も小さく済み、家の管理が楽になります。

空間を活用する間取りや収納の工夫

狭小住宅は維持費や土地代などの金銭的なメリットがありますが、生活のスペース小さくなってしまうのは大きなデメリットです。そのため、狭さを感じさせないように間取りや収納を工夫することが求められます。広さを感じさせる間取りとしては、スキップフロアが挙げられます。スキップフロアとは、床に高低差をつけて中2階を作る間取りのことです。視覚的に高く広がって見える効果があり、階段下に収納スペースを確保することも可能です。

基本的に廊下を作らないので、限られた空間をできるだけ居住のためのスペースとして使用出来ます。他にも、部屋を区切る壁を減らしたり、大きな窓や鏡を設置したり、開放感を得るための様々な工夫が存在します。収納はデッドスペースを活用するのが重要です。壁の高い部分や天井は空きスペースになりやすく、S字フックやつっばり棒を活用することでカバンや衣類などのアイテムを保管できます。

狭小住宅は小さな土地でも家を建てることができます。さらに建物の規模が小さいので耐久性に優れるのです。