庭もガレージも理想の形に!注文住宅造りでできることを把握しよう!


建物以外の設計にも関与できる

注文住宅は理想のマイホーム造りに最適なイメージがあります。建物のデザインや建材を建て主が自由に決められるのも事実ですが、建物に限らず敷地のすべてに関して意見を出せるのが大きな特徴です。庭をどれだけ作るか、ガレージをどこに置くかなど居住空間のすべてにおいて建て主の希望が尊重されます。建売住宅とは異なる、自分だけの個性的なマイホームになるのが注文住宅ならではの魅力です。

建築の専門家によるアドバイスが不可欠

理想通りのマイホーム造りが可能な注文住宅ですが、建物の強度や敷地内の建ぺい率など法律上の規制に抵触する可能性は否定できません。建て主のすべてが建築の知識を持っているわけではないので、イメージそのままの家造りは困難と言えます。理想と現実のギャップを埋めるためには専門家のアドバイスが必須と言っても過言ではありません。注文住宅を手掛ける施工業者の多くは建築コンサルタントが常駐しているので、規制をクリアしながら家造りに取り組むことができます。特に建物の強度については安全な暮らしを営むための重要条件なので、建て主側はある程度の譲歩が求められることも少なくありません。

庭やガレージの工事も専門家のアドバイスが重要

庭やガレージなどの付随設備は居住性に直接関わる物ではありませんが、家族全員の憩いの場であるマイホームに相応しい造りにすることを忘れてはいけません。住宅の外観とのバランスを考える他、メンテナンスが容易な構造にすることも重要なポイントです。それぞれの設備の設計や作成に精通する専門家のアドバイスを受けるのが理想のマイホームにするための必須条件と言えます。

愛知の注文住宅を建てる前には、物件訪問が重要です。実際のオーナーを訪ねて見学し、住み心地などの感想を調査することで、自分の建築したい家のイメージを高めていきます。